1. ホーム
  2. garDEN不動産ブログ
  3. 不動産豆知識

BLOGgarDEN不動産ブログ

6件

1〜6件を表示

201909/10

不動産のマメ知識【資金計画のお話】

 

 

本日は、

「資金計画」についてのマメ知識をご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

気に入った物件が見つかって

さぁ、契約だ!!

っていう時にローンが組めない?!

 

△危険レベル中△

・自己資産(現金、預金、援助金、退職金、を担保したローンが予定の予算の10%より少ない)

・予定収入に奥さんのパート収入を合算している(扶養家族控除の範囲のパート収入)

・年収の5倍以上の資金をローンで借りる予定

・年収が250万円以下である

・ご両親などから援助を予定しているが、金額が決まっていない。

 

 

★危険レベル高★

・3年以内に慢性疾患で入院したことがある。

・3ヵ月以内に重度の疾病で通院したことがある。

・3年以内に転職した。

・自営業で年収や売上を控えめに申告している。

・自動車ローン等で支払い遅延を繰り返した事がある。

・現在別の住宅ローンを支払い遅延を繰り返した事がある。

・現在別の住宅ローンを支払中である。

・親戚や親の為に住宅ローンの名義を貸した事があり、継続中である。

 

 

こう言ったケースの場合はローンを組むことが全く不可能とは言えませんが、

土壇場でトラブルになる可能性が多くあります。

ひとつでも当てはまるなら、物件を検討する前に当社の担当まで

すぐにご相談下さい。

ほとんどの場合、事前に分かっていれば解決方法はあります。

一緒に解決方法を考え、最善のアドバイスをさせて頂きます。

 

カテゴリ:

201903/24

不動産のマメ知識【私道のお話】

 

本日は、「私道」について、

マメ知識をご紹介します。

 

 

 

対象の土地に私道(国・都道府県・市町村以外の所有の土地・道)が含まれる場合や、

対象物件に加えて販売される場合に記載されます。

 

【別途】私道があるのか、私道を【含む】なのかで大きく異なります。

【別途】であれば、対象の対象の土地の広さが小さくなることはありませんが、

別途で固定資産税等の税金が発生する場合があります。

 

【含む】であれば、私道を含んだ土地面積という意味ですので、

表記されている土地の大きさから私道分の大きさを差し引いた大きさが建築対象面積になります。

 

(例)

 

 

こちらの土地の場合は私道負担が約21㎡含まれているので、

土地面積の122.94㎡から21㎡引いて101.94㎡になります。

 

私道が含まれているか否かでは土地探しや物件探しでは

重要なポイントになりますので

是非参考にして下さい。

 

 

 

 

※不動産物件情報は最新のデータの掲載を心がけていますが、

データの書き換えの都合上、売却済みなどの場合はご容赦ください

※掲載されている不動産物件データが現況と異なる場合は現況を優先します。

カテゴリ:

201903/19

不動産のマメ知識【地目のお話】

 

本日は、

不動産の豆知識をご紹介したいと思います!!!

 

「地目」

 

地目は土地探しで特に注意が必要なポイントになります。

 

地目は全部で23種類あり、住宅用地として

建築可能なものは、宅地もしくは雑種地です。

 

北区はほとんどが宅地ですが

雑種地などもたまにあります。

 

田・畑・山林なども管轄の役所などへの申請をすれば

建築が可能な場合もあります。

 

お気軽にスタッフまでご相談下さい(⌒∇⌒)

 

 

 

 

 

※不動産物件情報は最新のデータの掲載を心がけていますが、

データの書き換えの都合上、売却済みなどの場合はご容赦ください

※掲載されている不動産物件データが現況と異なる場合は現況を優先します。

カテゴリ:

201902/01

不動産のマメ知識【用途地域】

 

本日の不動産のマメ知識は。。。

 

「用途地域」

 

 

 

用途地域とは

都市計画法により、都市の環境保全や利便の増進のために、

地域における建物の用途に一定の制限を行う地域、都市計画法の基本となるものです。

 

それぞれの地域に応じた建築物の用途、容積率、建ぺい率、高さ等があります。

 

 

住居系7種類、商業系2種類、工業系3種類の

全12種類に分類されます。

 

工業専用地域以外なら、基本的にどの用途地域でも住居建築が可能です。

 

12種類もの種類があるので覚えるのが大変ですが、土地・物件を探す際に知っていて損はしない重要な事なので、ぜひご覧になってみて下さい。

 

詳細はスタッフにお気軽にお問い合わせください。

 

 

※不動産物件情報は最新のデータの掲載を心がけていますが、

データの書き換えの都合上、売却済みなどの場合はご容赦ください

※掲載されている不動産物件データが現況と異なる場合は現況を優先します。

カテゴリ:

201901/25

不動産のマメ知識【セットバック】

 

 

本日のマメ知識は。。。

 

「セットバック」

※英語で「後退」という意味です。

 

 

セットバックとは土地に対する道路の幅員が4m満たない場合、

道路の中心線から水平距離2m後退して建物を建築すること等をいいます。

 

自分の土地でありながら、セットバックしなければならない部分には建築物を建築できないのみではなく、門や堀や擁壁を建築することもできません。

 

セットバック部分は、容積率や建ぺい率を算出する場合には敷地面積から除外されます。

 

 

京都の道路は幅員が4m満たない場所が沢山あります。

セットバックも物件を選ぶ際に重要なポイントになってきます。

 

詳細はスタッフにお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

※不動産物件情報は最新のデータの掲載を心がけていますが、

データの書き換えの都合上、売却済みなどの場合はご容赦ください

※掲載されている不動産物件データが現況と異なる場合は現況を優先します。

カテゴリ:

201901/24

不動産のマメ知識【建ぺい率と容積率】

 

 

今日は【建ぺい率と容積率】について

マメ知識をご紹介したいと思います。

 

「建ぺい率とは」

 

 

建ぺい率と容積率は

皆さんご存知でしょうか?

 

建ぺい率とは建築物敷地面積に

対する建築面積の割合を建ぺい率といいます。

建ぺい率が60%と定められた地域では

100㎡の土地に1階あたりの床面積60㎡までの

家をを建てることができます。

例)敷地面積100㎡×建ぺい率60%=60㎡→60㎡が上限となります。

 

 

「容積率とは」

 

敷地面積に対する延べ床面積(各階の延べ床面積の合計)の割合を容積率といいます。

建築する建物の容積率は、用途地域または、全面道路の幅によって定められた「容積率の上限」を超えては建築することができません。

現在、都市部の住居地域での容積率の限度は150%~300%の間でほとんど定められています。

※全面道路幅員や角地緩和などの特別な規制もありますので、

その土地にどのくらいの建物が建てられるのか、詳細はスタッフにお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

※不動産物件情報は最新のデータの掲載を心がけていますが、

データの書き換えの都合上、売却済みなどの場合はご容赦ください

※掲載されている不動産物件データが現況と異なる場合は現況を優先します。

カテゴリ:

6件

1〜6件を表示

京都市北区・左京区の不動産情報garDEN不動産

FOLLOW US

HPを見たと言ってお気軽にお問い合わせください!

無料相談・お電話窓口

075-494-5055 075-494-5055

〒603-8214
京都市北区紫野雲林院町35番地4
(北大路大宮北東角)
営業時間:9:00〜18:00 定休日:隔週火曜日・水曜日・祝日